賃貸併用住宅を建てて安心感のある暮らしを実現できました

相続した土地の活用を考え賃貸併用住宅を建てることに

両親から相続した土地には古い住宅がありましたが、そのまま居住することは困難なほど老朽化が激しい状態でしたので、どのように土地を活用しようかと悩んでいました。
比較的利便性の高い土地であるために、賃貸マンションを建設するか、利益の面ではあまり大きな物が期待できないけれども確実性の高い駐車場とするか、妻とともにさまざまなケースについて検討していましたが、子供たちの進学や自分たちの老後のために、賃貸併用住宅を建設することにするという結論に達しました。
それまで居住していた分譲マンションが手狭になったことや、相続した土地から子供たちの進学を希望している学校への交通の便が良いこと、そして魅力的な賃貸併用住宅のプランを提示してもらえたことなどが、決め手となった理由です。

【今話題の賃貸併用住宅】メリットとデメリットを知って賢く活用しよう

#賃貸併用住宅#不動産投資でもさらにリスクは少ない#でもリターンも少ない#メリット・デメリットはバランスよく#リターンを高くするのであれば、マンション経営?https://t.co/JABciudclS

— RealMedia (@Real__Media) October 23, 2020
大きな道路から一つ内側に入った立地条件ですが、駅からも比較的近いために店舗の需要も見込めると判断したために、1階部分の店舗と少人数ファミリー向けの賃貸1LDKを4戸備えた6階建の建物としました。
店舗部分はスタイリッシュな雰囲気を重視したモダンな店構えを可能とするデザインとしましたので、建築途中から入居希望の問い合わせがいくつも入るという手応えを感じました。
飲食店や美容室、小売店などのさまざまな業態に対応できる汎用度の高い間取りとしたことも効果的であったと感じています。

相続した土地の活用を考え賃貸併用住宅を建てることにテナントや賃貸部分の入居者も決まり自慢の物件に賃貸部分と分離した快適な住宅部分で家賃収入も得られて満足

賃貸併用住宅賃貸併用住宅の収益